男女を産み分けるための夜の営み方

子供が欲しいと思ったら、本当は性別は関係なく、とにかく健康で生まれて来て欲しい、それなら男の子でも女の子でもどちらでもいいと思えなんて言われますが、やっぱり「女の子が生まれたらいいな」なんて考えてしまいますよね。

 

そして、昨今では男女産み分け法なんてものがあります。

では、女の子が欲しいと思った時にはどのようにすればよいのでしょうか。

 

まずは、スマホやパソコンで産み分けサイトを見つけましょう。
もしくは排卵日チェッカーなどのサイトを見ると、最終月経を入力する所があり、月経周期や月経日数などを入力すると、排卵日や次の生理予定日などが書かれている所に「男女産み分け」とあります。

 

大体排卵が始まるであろうとされる日の約2日前に夫婦の営みをすると、女の子ができるであろうとされています。
毎月生理が終わったらすぐにこのチェッカーで男女産み分け日をチェックし、意識して営むと女の子が生める確率も高くなるでしょう。

 

また、よく言われているのが、男の子が生まれたということは、「夫婦の営みを念入りに(丁寧に)やった」とされています。

 

反対に女の子が生まれた際には、言い方は悪いですが、「手抜きな営みをしたためにできた」と言われています。

 

ですから、女の子が欲しい場合、あまり丁寧にじっくりと営まず、あっさりとした感じで営むと女の子ができやすくなるかもしれません。

もちろん、絶対とは言いませんが、試してみる価値は十分にあります。