男女産み分けに効果的な方法とは

ilm08_ca01048-s男の子や女の子、希望する性別の子供を授かりたいと願う親の気持ち私にもよくわかります。

私は少し妊活の期間が長かったのでこの際、性別は気にしないと思いつつも主人は女の子を熱望していました。

私共は見事に女の子を授かることに成功しました。

 

まず産み分けについてですが、色々と諸説があるようです。

性交時の体位なども関係すると聞いたことがありましたが、何となくそれは効果が薄い気がしました。

そして私が調べた時に参考にしたのは、女性の膣内を酸性にする事で女の子を授かれる確立が高くなるという記事でした。

 

男性側の精子にはアルカリ性に強い耐性があります。

そのため、女の子が欲しければ膣内を酸性に保つ事が重要なのです。

 

排卵日頃から膣内はアルカリ性になってしまうそうなので、排卵日前に性交を持つ事が大切です。

なので排卵日を把握するために基礎体温を暫く計る必要があります。

 

この基礎体温のグラフをみせれば、排卵日を病院などで教えて貰えます。

意外とこの排卵日はグラフを見ても素人では少し分かりにくいのです。

 

さらに排卵検査薬を使って排卵日を特定する事も可能です。

何度か使うと、ラインの出方が読めてくるので排卵日が近い辺りを狙ってみるのも効果的です。

 

そして膣内を酸性に保つ潤滑ゼリーというのもあるので、これを使ってみる事もお勧めです。

このゼリーを使って産み分けにを行っている夫婦が近年では増えています。