産み分けゼリーって何なの?

産み分け!元気な女の子の赤ちゃんを授かるために

 

100%ではありませんが、男女の産み分け方法はあります。

良く知られている産み分けグッズに、「ピンクゼリー」や「グリーンゼリー」があります。

ピンクを使用すれば女の子、グリーンを使用すれば男の子が生まれやすくなると言われています。

 

女の子を授かりたい場合、排卵予測日の2日前にチャレンジをすると良いでしょう。

チャレンジをする前に、数ヶ月毎日基礎体温を測ると確率もアップします。

数ヶ月の基礎体温データから、排卵日を予測するのです。

 

女の子のX精子ですが、Y精子に比べ寿命が強くて長いのが特徴です。

ですから、無事に受精する可能性が高いと考えられます。

排卵予測日におりものをチェックし、粘度や量を調べたり、排卵検査薬を使用するのも心強いと思います。

 

体位は、挿入が浅くなる体位を選び、女性を刺激しないように気をつけましょう。

 

ピンクゼリーは、チャレンジ前に女性の膣内に付属のシリンジで挿入をして、X精子の有利な酸性の環境を作り女の子を産み分ける方法なのですが、日本では薬局で売っていませんので、産婦人科で購入し、そちらの指導に従って使用すると良いでしょう。

 

食事方法による産み分けもあります。

女の子が欲しい場合は、男性がサラダ中心の食事を、そして女性が魚や肉を中心に食べると良いです。

 

また、元気な赤ちゃんを授かるためには、妊娠する前から葉酸サプリを飲むことをオススメします。

とても気軽ですし、まずは母体の健康をキープすることが大切です。

 

産み分けゼリーで産み分けできるの?

 

産婦人科に行けば手に入るのですが、産み分けをすることができるゼリーが用意されています。

こうした物を利用して、産み分けを行うという方法もあります。

 

ゼリーの中には産み分けをするための成分が含まれており、これを利用することによって、男女を確実にではありませんが、産み分けという方法が実施できるようになります。

女の子を産みたいと思っている方にはピンクゼリーを利用するのがお薦めで、含まれている成分によって、女の子が作りやすくなります。

 

ピンクゼリーには酸性の性質を持っており、膣内を酸性に変化させることによって、女の子が出来る可能性を高めることができます。

アルカリ性の場合は男の子が作りやすくなり、女の子を作りたい方にとっては逆の性質を持っていることになります。

 

元々膣の状態というのは良く分からない部分もあるため、一度調べてもらった方がいいでしょう。

その上で状態が違う方向に行っているのであれば、ピンクゼリーを挿入して酸性の方向へ持っていくことがいいと思います。

 

一見すると危ないように思われますが、利用されているのは普通の食材であり、危ないものではありません。

副作用もありませんし、余計な害が生まれることも無いです。

 

産み分けを考えている方にとって、こうしたピンクゼリーは重要なものとなります。

どうしても分けたいと考えているのであれば、とりあえず産婦人科や色々な情報サイトを見て、ゼリーを入手しなければなりません。