産み分けの本を読んで実践し成功しました

結婚のときに友人に子供の産み分けの本をいただきしっかりと読んで子供の産み分けに成功しました。

まず私は女の子がほしかったので女の子の作り方を勉強しました。

 

女の子の産み分け成功

 

女の子を産むには精子が薄いほうがいいそうです。

ですから排卵日近くになったら主人に自分でオナニーをしてもらい精子を薄くしておきます。

そして排卵日がいよいよ来たら性交します。

これを朝1回、夜1回にしてますます薄くしていきます。

 

私は若いころから生理不順で排卵日を特定するのが難しかったので婦人科に通い排卵日の見つけ方や基礎体温を毎日測りきちんと管理していました。

排卵日はぐっと体温が下がりますのでグラフですぐにわかりました。

 

そして本の通りに実行したのです。

最初はなかなか妊娠すらしませんでしたが5か月目にようやく妊娠することに成功しました。

 

そして女の子だったのです。

念願だった妊娠と女の子を無事出産できました。

 

男の子の産み分け成功

 

3年後今度は男の子がほしいと主人が言い始めました。

高校球児だった主人はわが子に野球をさせるのが夢だったのです。

 

そこでまたまた本の登場です。

男の子は精子が濃いほうがいいそうです。

 

ですから今度は主人に禁欲してもらい排卵日に向かってひたすら我慢してもらいました。

そして排卵日には1回しかしません。

 

それを繰り返しまたまた妊娠に成功しました。

そして男の子が誕生したのです。

 

その後また女の子がほしくなったので次女を出産しました。

完璧に産み分けに成功した私の例です。

私は体位を変えて産み分け成功しました。

主人が長男で、本家を守っております。
主人の両親とも完全同居しています。

 

結婚してから直ぐに周りから『跡継ぎを産まないとね~』と言われ、主人の両親からも『まずは男の子産んでね』と嫌になる位プレッシャーをかけられました。

私自身は、子供が出来るなら性別はどちらでも構わないと思っていました。

その後直ぐに妊娠が分かり、元気な男の子が産まれました。

 

早く二人目が欲しかったので、産後、生理が定期的に来るようになってから主人と話し合いました。

 

私は絶対女の子が欲しかったので、男の子は生まれたから次は女の子がいいと主人に伝えると、主人も同じ気持ちだったので、二人目は女の子がいいという結論になりました。

そこで、「体位を変えてみたら女の子が出来た」という先輩の話を元に、私たちも実行してみることにしました。

 

女性上位で射精したら女の子が出来たと、その先輩は教えてくれました。
私たち夫婦も、それからセックスする時は必ずそうしていました。

 

するとすぐに妊娠しました。

結果は、妊娠7か月くらいの時に、エコーで女の子だという事が分かりました。

 

無事に女の子が産まれ、夫婦で先輩の教え通りにして良かったね!と感激しました。

 

また、産み分けとは別になりますが私の経験上、上の男の子を妊娠していた時は、とにかくお肉や脂っこいものが食べたくて仕方なかったんです。

下の女の子を妊娠しているときは魚や野菜などあっさりしたものや甘いものを食べたくなりました。

ご参考までに。