ポーラのフェイシャルエステに通うなら、まずはトライアルで!

ポーラのフェイシャルエステを受けられる店舗は全ての都道府県にあり、600店舗以上あります。どのお店でも化粧品を試すこともできます。

 

ポーラのフェイシャルエステには、肌の悩みに合わせ、大きく3つのコースに分かれます。お肌のハリや美白などの複合的な悩みをケアする「BAプレミアムケアコース」、ハリ、美白、ニキビ・皮脂、敏感肌・乾燥などの肌の悩みに応じたケアを行う「APEXスペシャルコース」、美肌を目指すために美白&保湿の基本ケアを行う「ベーシックコース」です。もちろん使用する化粧品は、それぞれのコースに合わせたポーラ製品です。

 

ポーラのエステの特徴は、高機能エッセンスとマスクによる集中ケアと80年以上の歴史を持つマッサージ技術です。ポーラがフェイシャルマッサージを始めたのは1938年。約1,680万件の女性の肌を分析し、解剖学に基づいたマッサージで、顔はもちろん、デコルテまでしっかりケアしてくれます。

 

コースは全て1回だけでも申し込み可能で、6回コースに申し込むと3割ほどお得になります。そして、初めての場合に限って、「トライアル」の申し込みができ、何と通常料金の半額で試すことができます。

 

半額とはいっても、一番安いベーシックコースのトライアルで約4,000円。初回お試しは1,000円という格安のエステサロンと比べると、気軽に試せるお値段ではないかもしれません。が、1回の施術で、その後の1~2週間は肌が違った、化粧のノリが全然違うという体験者が続出していて、かなりのレベルのエステが期待できます。

 

それなりの料金を支払ってのトライアルなので、勧誘があっても断りやすいという声もあります。もっともポーラではしつこく勧誘されることはほとんどないようです。

女の子が欲しいならば産み分けゼリーでチャレンジを!

男女の産み分けをするのは様々な方法があると思いますが、産み分けゼリーを使うと、とても簡単だと思います。

産み分けゼリーはセックスの前に膣内にゼリーを注入するだけです。

 

女の子を産みたい場合は膣内が酸性でなければなりません。

女の子がなかなか生まれない方や二人目を作る場合に次は女の子がいいなと思っている方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめな商品は、ハローベビー潤滑ゼリーのハローベビーガールです。

こちらの商品は口コミでも評価は高いと思いますし、使いきりタイプですのでとっても衛生的ですよ。

 

初心者の方でも使いやすいと思います。

食品から作られているゼリーですので、万が一口に入ってしまった場合でも大丈夫なのです。

 

一日に複数回使用する事もできますし、他の製品との併用も可能なのが嬉しいですよね。

日本製というところも安心感がありますし、まとめ買い割引などもありますので、経済的にもおすすめと言えるでしょう。

 

基礎体温を計ったり、旦那さんにも色々と協力してもらって妊活をしていくと良い結果につながると思います。

産み分けの事が書いてある本を読んだり、産み分けが成功した人の意見を参考にしてみるのも良いのではないでしょうか。

ネットなどでも色々と情報が得られると思いますよ。

 

体に安全な産み分けゼリーを利用して、可愛い女の子が産まれると良いですね!

お祈りしていますので、頑張って下さい。

男女を産み分けるための夜の営み方

子供が欲しいと思ったら、本当は性別は関係なく、とにかく健康で生まれて来て欲しい、それなら男の子でも女の子でもどちらでもいいと思えなんて言われますが、やっぱり「女の子が生まれたらいいな」なんて考えてしまいますよね。

 

そして、昨今では男女産み分け法なんてものがあります。

では、女の子が欲しいと思った時にはどのようにすればよいのでしょうか。

 

まずは、スマホやパソコンで産み分けサイトを見つけましょう。
もしくは排卵日チェッカーなどのサイトを見ると、最終月経を入力する所があり、月経周期や月経日数などを入力すると、排卵日や次の生理予定日などが書かれている所に「男女産み分け」とあります。

 

大体排卵が始まるであろうとされる日の約2日前に夫婦の営みをすると、女の子ができるであろうとされています。
毎月生理が終わったらすぐにこのチェッカーで男女産み分け日をチェックし、意識して営むと女の子が生める確率も高くなるでしょう。

 

また、よく言われているのが、男の子が生まれたということは、「夫婦の営みを念入りに(丁寧に)やった」とされています。

 

反対に女の子が生まれた際には、言い方は悪いですが、「手抜きな営みをしたためにできた」と言われています。

 

ですから、女の子が欲しい場合、あまり丁寧にじっくりと営まず、あっさりとした感じで営むと女の子ができやすくなるかもしれません。

もちろん、絶対とは言いませんが、試してみる価値は十分にあります。

病院に行かなくても、女の子を産み分けする方法

病院に行かなくても産み分けする方法

 

どうしても女の子が欲しい場合、まずは、産婦人科で受診する事をお勧めします。

最初だけでも一度診てもらった方が、安心できるからです。

 

だからと言って、必ず医院に通わなければいけないという事ではありません。

仕事で忙しい方でも産み分けはできます。

自宅で個人でも産み分ける事は可能です。

 

排卵日を予測する

 

まず、第一に基礎体温を付ける習慣を取ります。

基本的には、朝、起床後すぐに行います。

そうする事で排卵日を予測する事ができ、病院に行かなくても、女の子の産み分けが可能になってきます。

そして、排卵日の予測が行えるようになると、女の子を授かる為には、その排卵日の2日前にチャレンジを行います。

 

また、精子の量を調整する為にも、排卵日の5日前と8日前にも行います。

その事で、排卵日2日前により良い状態の精子で行う事が出来ます。

 

排卵日の予測に自信がない場合は、ドラックストアでも購入出来る「排卵検査薬」を使用する事で、だれでも簡単に排卵日を予測する事が可能です。

 

産み分けゼリーを使う

 

また、専門店で販売されている「ピンクゼリー」を使用する事で、女の子の産み分け確率を上げる事が可能です。

※( ピンクゼリーの詳細

産み分けゼリーはドラッグストアでは売っていませんが、産婦人科で購入する事も可能になっています。

 

また、その後の注意として、高温期3日目以降位までは禁欲に徹する事が重要です。

もし、排卵予測の2日前が難しい場合でも、排卵予測日の3~4日前なら可能性は多少あります。

特にその方が妊娠した場合の女の子の確率はグンと上がります。

もし2日前が難しい場合は、3~4日前にチャレンジする事もお勧めします。



ハローガールは女の子の産み分けに効果あり!

生まれてくるわが子は性別を問わずどちらもかわいいものですが、家庭の事情やこれまで男の子が続いている、もしくは女の子が続いているから次は違う性別の子が欲しいなどという場合は産み分けに頼りたくなりますよね。

 

自分の周りの友達にも産み分けを希望する人が多く、特に女の子を皆熱望しているのです。
実際に産み分けに挑戦して女の子を授かった夫婦も1人や2人ではないので、ある程度効果はあるようです。

 

私が実践した方法は、女の子を妊娠できる確率を上げる「ハローガール」という潤滑ゼリーを注入するという実に簡単なもの。

 

病院に相談する産み分け方法などもあるようですが、自分の排卵日を確実に把握することを基本にタイミングを見計らって「ハローガール」を膣内に挿入して潤滑ゼリーを注入し、その後性交を行うという方法です。

 

簡単だと言っても毎日起床時に基礎体温を測ることは続けなければならず、最低でも3ヶ月分くらいのデータを見て自分で把握しなければならないようですので忘れずに行わなければなりません。

 

また、妊娠しやすい体になるためにはストレスはご法度なので、日ごろからイライラをためないように気をつけることも重要であるようです。

 

もしこれで妊娠しなくても諦めずに根気強く続ける事が大事だと皆が口を揃えていますので、「次頑張ろう」というくらいの気持ちは大切かもしれませんね。

 

まだ子供がいない私ですが、最初は女の子が欲しいのでいずれ試してみたいと思っています。

産み分けゼリーって何なの?

産み分け!元気な女の子の赤ちゃんを授かるために

 

100%ではありませんが、男女の産み分け方法はあります。

良く知られている産み分けグッズに、「ピンクゼリー」や「グリーンゼリー」があります。

ピンクを使用すれば女の子、グリーンを使用すれば男の子が生まれやすくなると言われています。

 

女の子を授かりたい場合、排卵予測日の2日前にチャレンジをすると良いでしょう。

チャレンジをする前に、数ヶ月毎日基礎体温を測ると確率もアップします。

数ヶ月の基礎体温データから、排卵日を予測するのです。

 

女の子のX精子ですが、Y精子に比べ寿命が強くて長いのが特徴です。

ですから、無事に受精する可能性が高いと考えられます。

排卵予測日におりものをチェックし、粘度や量を調べたり、排卵検査薬を使用するのも心強いと思います。

 

体位は、挿入が浅くなる体位を選び、女性を刺激しないように気をつけましょう。

 

ピンクゼリーは、チャレンジ前に女性の膣内に付属のシリンジで挿入をして、X精子の有利な酸性の環境を作り女の子を産み分ける方法なのですが、日本では薬局で売っていませんので、産婦人科で購入し、そちらの指導に従って使用すると良いでしょう。

 

食事方法による産み分けもあります。

女の子が欲しい場合は、男性がサラダ中心の食事を、そして女性が魚や肉を中心に食べると良いです。

 

また、元気な赤ちゃんを授かるためには、妊娠する前から葉酸サプリを飲むことをオススメします。

とても気軽ですし、まずは母体の健康をキープすることが大切です。

 

産み分けゼリーで産み分けできるの?

 

産婦人科に行けば手に入るのですが、産み分けをすることができるゼリーが用意されています。

こうした物を利用して、産み分けを行うという方法もあります。

 

ゼリーの中には産み分けをするための成分が含まれており、これを利用することによって、男女を確実にではありませんが、産み分けという方法が実施できるようになります。

女の子を産みたいと思っている方にはピンクゼリーを利用するのがお薦めで、含まれている成分によって、女の子が作りやすくなります。

 

ピンクゼリーには酸性の性質を持っており、膣内を酸性に変化させることによって、女の子が出来る可能性を高めることができます。

アルカリ性の場合は男の子が作りやすくなり、女の子を作りたい方にとっては逆の性質を持っていることになります。

 

元々膣の状態というのは良く分からない部分もあるため、一度調べてもらった方がいいでしょう。

その上で状態が違う方向に行っているのであれば、ピンクゼリーを挿入して酸性の方向へ持っていくことがいいと思います。

 

一見すると危ないように思われますが、利用されているのは普通の食材であり、危ないものではありません。

副作用もありませんし、余計な害が生まれることも無いです。

 

産み分けを考えている方にとって、こうしたピンクゼリーは重要なものとなります。

どうしても分けたいと考えているのであれば、とりあえず産婦人科や色々な情報サイトを見て、ゼリーを入手しなければなりません。

極力自然な産み分けを希望する方へ

2人目の妊娠を希望した際に産み分けを実践しました。

本格的な産み分けをした訳ではありませんが、私の持病の関係で婦人科に通っており、担当の先生からアドバイスを貰いそれを元に産み分けをしました。

 

上が男の子だったので次は女の子を希望していたのですが、ピンクゼリーを使ったり食事内容を変えたりすると、子作りの行為自体が義務的になってしまいそうだったのであくまでも自然な方法での産み分けです。

 

まず排卵日を特定するのに排卵検査薬を購入しました。長年基礎体温系も測っていたのですが、タイミングが合わずなかなか授からなかったので、購入したのですが俗に言う陥落日が排卵日と言うのにわたしは当てはまらず、大抵陥落日から3日遅れて排卵日がある事を知りました。

これを知るのと知らないのではタイミングの測り方が全く違うので購入して良かったと思っています。

 

男の子の遺伝子は1〜2日しか生きていられず、女の子の遺伝子は2〜3日生きられると言う原理を元に、私の場合陥落日とその次の日を目掛けて仲良しをしました。

それから男の子の遺伝子は酸性に弱いとの事だったので、濃厚な仲良しではなく淡白に事を済ませる様に心がけました。

なるべく膣の手前で射精してもらい、動きの早い男の子の遺伝子が卵子に到達できない様にもしました。

 

これを繰り返す事6回。半年目にして妊娠できました。

上の子(男の子)の時は1回で授かったのに比べると、授かりにくかったですが性別はバッチリ女の子でした。

 

薬を使ったりすると、生命をコントロールする様で抵抗があったのですが、この産み分け方の場合確実性は減りますが、自然に事を進められるので私達夫婦には合っていたかなと思います。

同じ様な価値観の方にはオススメの方法です。

男女産み分け、パーコール法とPH利用法

精子には、男女を決定するX染色体とY染色体を持つ2種類があります。
卵子はX染色体を持ち合わせているため、精子と結びついてXXで女児、XYで男児が生まれることになりますが、自然のままであると、若干男児が多いながらほぼ同数です。

 

では、この男女の産み分けは可能なのかというと、医療的には遠心分離による「パーコール法」というものがあります。
このX精子と、Y精子の違いはX精子の方が重いのだそうです。
女児産み分け法と言われ、パーコール液に入れて遠心分離器にかけると重いX精子が底にたまりますが、Y精子が20%含まれており女児が生まれるという可能性は80%ということになります。
価格は通常2~3万円、初回は倍ほどの値段のようです。

 

その他の違いとしては、酸への強弱が言われています。
X精子は「酸に強・体は大・動きは遅い・寿命2~3日」、Y精子は「酸に弱く・体は小さく・動きは早い・寿命1日」などの違いがあります。

 

通常、膣内は酸性なので素早いY精子には過酷な環境となります。
そこで、膣内を薄めた酢で洗浄すればX精子(女)有利、重曹で酸性を低減すればY精子(男)が有利となります。

 

その他には肉や魚を摂ると体のPHが酸性に、野菜であるとアルカリ性になるとか、射精する位置が深いと男児・浅いと女児傾向。

女性がオルガスムスに達するとアルカリのバルトリン液が分泌され、中和されて男児が生まれやすいなどとも言われます。

 

しかし、医療をもってしても確実とはいえず、その確率をあげるという方法でしかないようです。

それでも、何人か考えているのであれば男女の子供を授かる可能性は更に高くなると言えそうです。

男女産み分けに効果的な方法とは

ilm08_ca01048-s男の子や女の子、希望する性別の子供を授かりたいと願う親の気持ち私にもよくわかります。

私は少し妊活の期間が長かったのでこの際、性別は気にしないと思いつつも主人は女の子を熱望していました。

私共は見事に女の子を授かることに成功しました。

 

まず産み分けについてですが、色々と諸説があるようです。

性交時の体位なども関係すると聞いたことがありましたが、何となくそれは効果が薄い気がしました。

そして私が調べた時に参考にしたのは、女性の膣内を酸性にする事で女の子を授かれる確立が高くなるという記事でした。

 

男性側の精子にはアルカリ性に強い耐性があります。

そのため、女の子が欲しければ膣内を酸性に保つ事が重要なのです。

 

排卵日頃から膣内はアルカリ性になってしまうそうなので、排卵日前に性交を持つ事が大切です。

なので排卵日を把握するために基礎体温を暫く計る必要があります。

 

この基礎体温のグラフをみせれば、排卵日を病院などで教えて貰えます。

意外とこの排卵日はグラフを見ても素人では少し分かりにくいのです。

 

さらに排卵検査薬を使って排卵日を特定する事も可能です。

何度か使うと、ラインの出方が読めてくるので排卵日が近い辺りを狙ってみるのも効果的です。

 

そして膣内を酸性に保つ潤滑ゼリーというのもあるので、これを使ってみる事もお勧めです。

このゼリーを使って産み分けにを行っている夫婦が近年では増えています。